つくば美術館 明和電機ナンセンスファクトリー展 in つくば

こんにちは。上野治療室からです。

 

先日のブログの続きです

屋根より高い 岡堰の「みんな来い恋鯉三昧」

いい天気だったのでもう少しバイクを走らせてつくばまで。

つくば美術館まで行ってきました。
バイクの駐車場を探すのにちょっと手間取りましたが、明和電機のナンセンスファクトリー展を見てきました。

https://www.maywadenki.com/news/nonsensefactoryintsukuba/

明和電機ナンセンスファクトリー展 in つくば

今回は明和電機のキャリアを順番に紹介するもので、学生時代の作品の展示もありました

 

学生時代から色々なことをされていたんですね。。

 

 

そしてソレノイドを用いて動く人形になり

コンセプトが固まり、知っている明和電機の形に。

 

コイビートは100Vスイッチが整然と並んでいるのがとてもかっこよく

 

パチモクを裏から見る機会はあまりなかったのでとても貴重でした

 

紹介しているとキリがないのですが、ギターラの実物が見れたのもとても嬉しかったです

 

その後作られた魚器シリーズや、オタマトーンを始め実際に触れて音を鳴らせるものもあり
子ども達から大人まで興味深そうに触れていました

 

見て思ったのは、芸術家の人は常に何かを考えて、出力しているんだなと言うことです。
何かを生み出す過程のスケッチも沢山展示されていました。

 

頭を動かし、手を動かしているんだなあ、と感心。そして感動しました。
やはり、しっかりとしたコンセプトが出来てそれを続けていけるというのは素晴らしい事でもあり
体力もいることだと思います。
これだけの作品が残っていて、一同に見ることが出来る機会があるのも驚きました。

帰りに欲しかったツマミをモチーフにしたマグネットとステッカーを購入。
大満足でした!

 

つくばは少し遠いかもしれませんが、GW中でも比較的ゆったりと観れました。
少し足を伸ばしてみるのもいいのでは?と思いました

前の記事

大相撲 五月場所 2022