月刊 自然良能 2016年12月号

201612

○特集
支部探訪 栃木県宇都宮支部
バラコン法の考察 女性に多い疾患について

自然良能会が発行しております月刊自然良能が届きました

12月号の巻頭特集は連載第3回となる[支部探訪]です。
今回は栃木県宇都宮市にある宇都宮支部の紹介です
HPのリンクをこちらに貼っておきます

自然良能会 宇都宮支部 三澤治療院

中特集は女性に多い疾患、と言う事で

不定愁訴(うつ病、ノイローゼ)
慢性疲労症候群(CFS)
尿失禁

代表的なものとしてこの3つを挙げて紹介しております。

特に不定愁訴と言われる症状は、不眠と密接な関係にあるものが多いです
ストレスが多くかかり、精神的に緊張をすると
交感神経が過剰に優位に働き精神的に興奮した状態になります。

加えて、身体全体の筋肉が緊張してきてしまうので
寝つこうとしてもなかなか眠れない、すぐに目が覚めてしまう
そのまま働くので疲労が抜けず、更にストレスがかかる
と悪循環に陥りがちです

ではどうするか?
緊張したからだを骨盤調整で緩めていけばよいのです。
普段治療には通えないと言う事であれば
バラコンバンドを使って運動するだけでも全然違います。

CFSなども、慢性的な疲労が抜け切らない状態であれば
治療の適応になると思います。

尿失禁に関しては、骨盤、特に仙骨付近のズレが治ると
かなりの効果があります。若い方は勿論ですが
ご年配の方でも劇的な変化が出ますのでお困りの方は是非ご相談下さい。

『月刊 自然良能』は、当治療院取手治療室で頒布しております。
バックナンバーもございますので、ご希望の方は来院の際に申し出て下さい

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena