冷房は冷える

写真 2016-06-25 16 14 28
こんにちは。毎日蒸し暑いですね。

上野の治療室は建物の中央部分にある関係で、窓がありません。
換気装置とエアコンがついているので問題ないのですが
やはり空調はエアコン頼みとなってしまいます。

このエアコン、最近交換したものらしく、とても良く効くので
ありがたいのですが、いかんせんからだが冷えるのが困ります。

昨日も一日エアコンの室内にいたら風邪を引きそうになり
帰宅してから少しストレッチをしてからだを動かして
暖かくして寝ました。(それも暑くて大変だったのですが。)

今朝はすっかり元気です。

改めて思うのは、エアコンは芯からからだが冷えるなと言う事です。
オフィス勤務で冷房の真下で働いている方、
またサーバルームなどで機械が多いので室温を冷やす必要があるところで
作業されている方など夏場でも慢性的に冷えている方は少なくないようです。

冷えの対策は、まず厚着をする事。これに尽きます。
着込めないような場合は、大きな動脈がある部分を出来るだけ覆いましょう。
頸部(首)、手首、鼠径部、足首などです。
マフラーやストール、ひざ掛け、靴下も少し長いもの、または温かいサポーター
などを手首や足首に付けるのも意外と温かいです。
(余談ですが、僕は仕事中治療をするのに素足ですが、
足首のサポーターは欠かせません。これがあると足の冷えが全然違います)

次に冷えたからだをしっかり温める事。
これはお風呂が一番です。シャワーで済まさないで、夏こそお湯に
浸かってください。ゆるいお湯に浸かって冷えを取りましょう。

冷たい飲み物も控えたほうがいいです。
温かい飲み物を少しずつ飲んで、からだの中から温めましょう。

寝る時も少し温かい格好をすると、寝ている間の体温上昇が期待出来ます。
特にこの時期は暑く、掛け布団を無意識に外していた、という方も多いです
半袖より長袖、長ズボンを履いて寝るようにしましょう。

出来れば軽い運動をして筋肉量を増やし、代謝を上げるのが一番なのですが
すぐに効果を出すのは難しいかと思います。
まずは冷やさない事。出来るだけ冷えを取ること。これに尽きると思います。

夏場の冷えは夏バテと冬の体調不良に直結します。
暑くなる前に今から対策を行いたいですね。