夏休み!!トヨタ博物館に行ってきました!!

こんにちは。上野治療室からです

先日の夏休みの話です。トヨタ博物館に行ってきました。

普段連休を取っても何もせずに終わってしまうので、事前に計画を立てて旅行に出る事にしました。
本当は18きっぷを買って各駅でのんびりと、なんて考えていたのですが月曜日は休館日と分かり
急遽予定変更。

新幹線でビューン!と名古屋まで行ってきました!!(でものぞみ)

名古屋に到着したところで名物の台湾ラーメンを食べて腹ごしらえ。
先にしっかりお腹を作っておきます

調べた通り電車を乗り継ぎ小一時間。
モリゾーとキッコロの愛・地球博が開催された会場近くなんですね。
そしてリニアモーターカーに初めて乗りました。静かなのに早い!凄いです!

と、名古屋の雰囲気に興奮しっぱなしの中、到着しました!!

トヨタ博物館です!!

今回の旅の目的地!!

建物は3階建てになってまして、メインの展示は2階から。
19世紀末に発明された世界初のガソリンエンジン搭載の自動車(レプリカ)から始まり

20世紀に入り、馬のいない馬車の形をしたものが流線型のボディーになり
最初は幌だった屋根も屋根付きの車両になり、第二次大戦を経て進化していく様子が
実車を見ることで確認出来る!

しかも!
この車両すべてが手入れをされて動く状態で保存されているという!!
すごい博物館でした。

実際に古い車両を動かしている様子がビデオに収められて
いくつか見ることが出来るのですが、これはちゃんと見たほうがいいです!
というか、しっかり見たかった…。
時間を気にしてしまいあまり見れなかったのですが
昔の自動車はエンジンを始動させて実際に走行させるのにこんな手間がかかっていたのか!と
驚くばかりでした。

中の壁には当時の広告のレプリカなども展示されており、これが時代を反映していて実にカッコいい。
写真は1920年代にスウェーデンとドイツで開催されたモーターショーのポスターです。

 

1階には警察車両など、実際に運転席に座れる車両もありました。
その中に一台クラシックカーが!!
こちらは1905年製造のイギリス車、スイフト9HPです

実際に運転席に座ってみたのですが、本革張りのソファーのようなシート、
木をつなぎ合わせて作ったハンドル。中央は恐らく点火タイミングを取るレバーだと思います
板張りの床に小さな後部ミラー、そしてフロントガラスがなく、圧倒的に広い視界!!

普段見る僕の知っている自動車とは全く別のものでした。
一度でいいから公道で乗ってみたい。運転は難しそうなのでしなくてもいいので
助手席でいいので…。

と、大変楽しい空間でした。
見る時のコツとしては
1回全体をザーッと見て、2回目は気になる車両やビデオを見て細かいところを確認して
3回目は逆順に進むといいです。

そうすると車のリアビューばかりを沢山眺められます。
これはまたちがった角度で楽しめるので、このブログを見た方は是非お試し下さい。

沢山写真を撮ったのですが、あれこれ載せてもと思うので
最後にトヨタスポーツ800の写真を貼っておきます。

この車、本当に好きなんです。状態もいいしかっこよかったなあ。

それと、車の状態はもちろんなのですが、
照明がしっかり当たっているので、車を撮るとカッコよく撮影出来ます!!
それも嬉しい!!

とてもいい博物館でした。また行きたい!オススメです。

 

 

たっぷり堪能した後は名古屋の繁華街まで戻りまして

名物の天むすを堪能!
ずっと食べてみたかったんです。元祖天むす。美味しかったです。

その後は赤味噌で煮込んだどて煮なんかを食べて名古屋の夜を満喫しました。