月刊 自然良能  2014年4月号

201404.jpg

月刊自然良能 2014年4月号
○特集
高齢者の脳の萎縮度を改善
東京総本部治療レポート
若年性腰痛を考える
自然良能会が毎月発行しております月刊誌『月刊 自然良能』が届きました。
4月号は千葉県柏支部の三浦美由紀先生からの治療報告です
高齢者の痴呆については以前から問題になっております。
脳が萎縮する、つまり脳が縮んでしまうと本来の働きが
損なわれてしまい、痴呆症になるリスクが高まるのです。
今回の治療報告では骨盤調整の治療を受けるだけでなく、
バラコンバンドを頭に巻き、また腰回し運動を行うことで
脳への血流が改善されて、脳の萎縮度も改善されてきたそうです。
バラコンバンドによる運動や患部へのゴム巻きは
当院でも指導を行っております。
分からない事、辛いところ等がありましたら
質問をお待ちしております。
また、痴呆と共に問題になっているロコモティブシンドローム
(運動器の障害により要介護になるリスクが高くなってしまう事)についても
掲載されております。
折角痴呆が防げても寝たきりでは仕方ありません。
日常動作がちゃんと行える、動ける身体でいけなればいけません。
その為に骨盤調整がどのような役割を果たすのか?
続きは本誌をご覧ください。
ほか、東京総本部治療レポートは若年性腰痛について掲載されてます。
『月刊 自然良能』は、当治療院でも頒布しております。
バックナンバーもございますので、ご希望の方は来院の際に申し出て下さい。

前の記事

お知らせ

次の記事

2014年5月のお知らせ