寒さで緊張した身体をリラックスさせるには

こんにちは。上野治療室からです。

寒い日が続きます。取手の今朝の気温は-3度でした。
外の水には薄氷が張っていました。

 

寒いとどうしてもついつい身を縮めてしまいます。
身体がこわばり筋肉が緊張して、肩こりや腰痛を訴える患者さんが多くなっています。

そんな時に簡単に出来るリラックス方法を今回は紹介したいと思います。

道具も使わず、どこでも出来て効果は抜群、一体なにをすればいいのか?
正解は…あくびです!!

 

あくびは本来、血液の中の酸素が少なくなると脳が感知して起こる現象です。
大きく息を吸って酸素が取り込まれるだけでなく、口を大きく開けるので顔から頭周辺の
ストレッチ効果も期待出来ますし、副交感神経が優位になりリラックス出来るといいことばかり。

また、あくびの際に涙が分泌されます。
この時期は空気が乾燥しているので目も乾燥しがちです。
ドライアイの予防も期待出来ます。

 

と、ここまで書いて気づきました。
皆さんひょっとして、自分の好きなタイミングであくびが出来ない…?

出来ない方の方が多いのでしょうか??そんな気がします。

 

私はいつでも好きなタイミングであくびが出来ます。
言葉で説明するのは難しいですが、今回はやり方を説明します。

 

立っているよりも椅子や床に座っている方がいいかもしれません。

顔は正面。やや顎を上げて首筋の前面が伸びるくらいの角度にします。

その状態で口を大きく開けましょう。開く大きさで大丈夫です。
普段あくびが出た時の大きさまで開けばベスト。

その状態で一旦息を吐ききり、鼻と口から深呼吸をする要領で大きく息を吸います。
何度かやると、あくびをした時を同じように、大きく息が吸えてリラックス出来る感覚がわかると思います。

そんなに難しくないと思います。何度かチャレンジしてみてください。