バラコンバンド運動、どの位の時間やればよいか?

こんにちは。上野治療室からです。
今日はバラコンバンドによる腰回し運動のお話です。

骨盤調整による治療だけでなく、自宅でも出来る身体のケア
または痛みの予防や治療効果をより長持ちさせるなど
バラコンバンドを使用した腰回し運動は簡単ながらも様々な効果があります。

が、実際のところどの位の時間行えばよいか?
はっきり分かっていない方が多いと思います。

何となく左右50回ずつ?
いやわたしは100回ずつは回してます!など人によって様々です。

今日はその辺についてお話をさせて頂きます。

実際のところ、1分間の50回程度腰回し運動を行えるとして
10分間を朝晩。
つまり朝に10分、夜に10分行って下さい、という言い方をする事がよくあります。

これですと朝に500回、夜に500回の計1000回です。

意外と多い!と思う方もいるかもしれません。
しかしこれはあくまでも目安です。

本当は、腰回し運動を終えてバラコンバンドを外した時に
腰が軽くなる、痛みが取れる、楽になるまで運動をしてもらいたいのです。

人によってその回数、また時間はまちまちです。
体調などによっても変わってくると思います。そこが一番難しいところなのです。

例えば、僕自身の場合の話をします。
仕事のない休日の朝に、ちょっと腰が重いなと思った時に
バラコンバンドを巻いて腰回し運動をすると
だいたい20分くらいで腰が軽くなってきます。
もう少し頑張って更に10分。続けて30分位は腰を回します。

やはり普段から中腰の姿勢になる事が多いので
腰には負担がかかります。ですので30分程度は運動をしないと、腰の奥の固さは
取れてこないなあ、という実感があります。

ですので、何分位腰回し運動をしたらいいですか?という質問には

「ご自身が楽になるまで腰を回して下さい。それが最適な時間です」

と本当は答えたいところです。

しかし、一日のうちでそれだけまとまった時間を取るのはなかなか難しいです。
加えて腰痛がある、足の痺れがあるなど、痛みがある時には
どうしても腰回し運動を続けて行うのは困難かと思います。

腰周辺の筋肉が緩んでくると楽にはなるのですが、一時的に痛みを強く感じる事があります。
それは症状が悪化しているのではなく、元々の症状を感じてきているからなのです。

なので痛みなどがある場合は無理をせず、
少しすつ時間を増やしていくことをおすすめします。

週末やこれからの年末年始休みなど、まとまった時間が取れるときがチャンスです。
一度楽になるまで、しっかり腰回し運動を行ってみましょう。
疲れるようでしたら、多少休みながらでも大丈夫です。頑張ってみて下さい。

またバラコンバンド運動に関しては、当院で指導も行っております。
予約がいっぱいの際には時間が取れない事もありますので、予約の際にお問い合わせ下さい。

ご来院をお待ちしております。