新しいツール

こんにちは。上野治療室からです。

ipadminiです。
つい衝動買いしてしまいました。。。

いやあでもすごく便利です。ipadmini。

この画面に出ているのが解剖学のソフトなのですが
これを開くと筋肉が骨のどこについているか3Dでぐるぐる確認できて、
(当然拡大も可能)
どういう動きをすると収縮するかがアニメーションで見られるという
実に画期的なツール。

凄い時代ですねえ。。学生の頃にほしかった。。

早速これを見て、この筋肉をストレッチしてみたらどうか??と
やってみたのですが効果抜群!!またひとつ発見をしました!!

あまり大きな声では言わないですが、治療も試行錯誤と発見の連続です。

同じ操作でも、もっと良い方法があるのではないか?
またいつも行っている操作でも、全く違う画期的な方法があるのではないか?

常にそんな事を考えながら施術しております。

 

今回のストレッチは患者さんに還元するのはもう少し先になりそうですが
(効き目はあるんですが物凄く痛い)
何かしらの方法でフィードバックをしようと考えています。

この辺が痛い、この筋肉はどう動くの?などありましたら
相談に乗りますので、施術前にお気軽にお問い合わせ下さい。