腰痛とお財布の関係

食べる話が続いたので、治療についてのブログを書こうと思います。
少し前に来院された男性の患者さんのお話です。

左の座骨神経痛があり、痛い時とそうでもない時がある
治療を受けると痛みは落ち着くが、何日かするとまた痛みが出てくる

治療を進めながらお話を伺っていくと、お財布が原因でした。

ズボンの後ろのポケットに財布を入れてる方、特に男性に多いかと思います。
お財布はある程度厚みがありますので、入れた状態で椅子などに座りますと
片方の骨盤だけ持ち上がったような形になってしまいます。
加えて臀部(おしり)周辺の筋肉を圧迫しますので、筋肉が固くなってしまい
座骨神経痛になるのです。

こちらの男性患者さんは、ポケットに財布を入れて長時間運転をすると
翌日決まって座骨神経痛が出る、と言う事がわかりました。

財布を入れるのを止めたところ、座骨神経痛は解消されたそうです。

日によって症状が変わる場合、何かしら原因があるものです。
体調や天気もそうなのですが、日常生活の中で痛みを誘発する動作、行動を
行っている場合もあります。

という事で後ろのポケットにお財布を入れている方は、今すぐに出しましょう
せめて座っている時だけでも入れないと、随分違う筈です。

思わぬ日常動作が腰痛の原因になっているお話でした。