暖かくなりました!ギックリ腰に注意!

こんにちは。上野治療室からです。

暑さ寒さも彼岸まで!昨日がお彼岸の入りでした。
やはり少しずつ暖かくなり、そろそろ冬物の上着では日中は暑いくらいになってきました。

毎年患者さんには伝えているのですが
急に暖かくなるこの時期、ギックリ腰の患者さんが増えます。
昨日と今日だけで3人の患者さんから問い合わせがありました。

出来るだけならないようにしよう、と思ってもなってしまうのがギックリ腰です。
この時期重いものを持つ時にはバラコンバンドを使用して腰部を保護を心がけましょう。

朝一番の起床直後は身体が一番固い状態です。
急に動かないよう、布団の上で軽くストレッチなどをしてから起きるなどケアを入念に。

それでもギックリ腰をやってしまった場合、早めに治療にいらして下さい。
よく質問をされるのですが、腰が痛くても治療は出来ます。
痛くないように、痛みの出ない姿勢を探して施術を行います。仙腸関節のズレが治り
腸腰筋の緊張が取れてくれば、ギックリ腰は随分楽になります。

また、冷やした方がよいですか?温めるべきですか?という質問もよくされます。
ズキズキと痛む、炎症があるようでしたら冷やして下さい。
湿布などがいいと思います。炎症を取り、痛みを和らげる成分が含まれています。

また、温めて気持ちいいようでしたら温めるのも問題ないですが
痛みが増すようでしたら無理して温めず、冷やして安静がいいと思います。

色々書きましたが、日頃からの手入れが一番大事です。
暖かくなったからと無理に動かない、疲れを溜めないようにするなど。

毎年春先になると腰を傷めるという方は、痛くなる前に早めの治療を。
お大事になさって下さい。

明日及び明後日は休診日となります。よろしくお願い致します。