実経験から語る、それって胸焼けの症状じゃないですか…?

こんにちは。上野治療室からです。

最近患者さんとお話をして気づいたのですが、
「胸焼け」って症状がどんななのか知らない方が意外と多いように感じます。

実はわたくし、数年前に酷い逆流性食道炎を患いました。
現在はだいぶ落ち着いたのですが
その時にあった”胸焼けの3つの症状”について紹介したいと思います。

1)胸が重い。何となく息苦しい
胸焼けと言うと「胸がジリジリする」などと表現されますが
実はそれがよく分かってませんでした。

僕の場合、一番しっくり来る表現は「胸が苦しい」という感じでした。
最初心臓か肺の異常があるのか?と思ったくらいです。

食事の後に胸が苦しいような感じがある方、
胃液が分泌されて胸焼けが起こっているのかもしれません

2)寝起きに喉が痛い
寝起きに何故か喉が痛い。
風邪を引いた訳でもないのに寝起きに喉や鼻がヒリヒリする、などがありました。

それこそ最初は風邪かな?と思っていたんですがそうでもない。
これも逆流性食道炎の症状でした。
寝ている間に食道から喉まで胃液が上がってきてしまい
そのせいで喉の粘膜が荒れてしまっていたのです。

3)寝ている時に目が覚める
胸焼けの一番酷い時は、夜寝ている時に目が覚めてしまいました。
特にどこがおかしい、という訳でも無かったのですが、横になっていられなかったです。

 

このような症状がある方は、ひょっとしたら逆流性食道炎由来の胸焼けかもしれません。
気になる方は健康診断などで相談してみましょう。

当院での施術としては、胸焼けがある方は背中の筋肉、特に胃や食道の辺りが
張っている事が多いので、その辺を緩めます。
少しは楽になりますが、やはり薬を服用していった方がいいと思います。

明日1/13(日)は取手治療室のみ診療(午前のみ9:30-12:30まで)

1/14(月/祝)は休診日となります。

宜しくお願い致します。