マスクが手に入らない!

こんにちは。上野治療室からです。

2月には入り、いよいよ花粉シーズン到来。
診療中はマスクを着用している事が多くなりました。

しかしマスクがどこにも売ってません。
患者さんから「どこで買ってますか?」と相談を受ける事が多くなりました。

 

マスクは基本まとめ買いをしております。
半年くらい前に大量に買ったので、まだ一年分くらい枚数が残っています。

というのも今から10年以上前、やはりSARSの騒ぎがあって使い捨てマスクが無くなった時、
それまで使っていた大きさのちょうどいいマスクが生産中止になってしまったのです。

以来気に入ったマスクがあると、まとめて買う習慣がついております。
今回の騒ぎもいつ収束するのでしょうか…?
また、前回のようにマスクの品質が落ちてしまわないか心配しております。

そんな中、首相官邸ホームページに使い捨てマスクに関するお願いが掲載されていました
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/research_masuku_200212.pdf

こちらによると、マスクの製造企業に補助金を出して
毎週1億枚以上の生産体制を整える、ということ。

これからの花粉症シーズンに間に合うよう、なんとか頑張ってもらいたいもです。

それとマスクに関するお話をもうひとつ。

環境省のエコジンというサイトに花粉を99%カットする
インナーマスクの作り方というのが掲載されていました

https://www.env.go.jp/guide/info/ecojin/issues/19-03/19-03d/second/2.html

ガーゼを切って化粧用のコットンを包み、それを不織布のマスクに重ねて使用するというもの。

ウイルスをマスクでガードするのは難しいですが、
花粉でしたら十分に防ぐことが出来ます。

花粉症が酷い方はまずマスクを着用して、吸い込まないのが大事です。
参考になればと思います