インフルエンザと気温差

こんにちは。上野治療室からです。

インフルエンザ、少しずつ流行の兆しが見えてきているようです。

都心に住む方から、インフルエンザで学級閉鎖になり、
家族も感染して大変だったというお話を聞きました。

近くの小学校で幾つかインフルエンザに罹患した患者さんが出たそうで
手洗いうがい、外出時にはマスクを着用するなど気をつけたいものです。

私も電車に乗る時には出来るだけマスクを着用するようにしています。
喉の乾燥も防げますし、飛沫感染の防止にもなります。

インフルエンザは予防接種をしておけば感染しても症状が軽いと言われています。
職場や学校など、集団で行動する場では全員が予防接種を受ける事で感染予防にもなります。
 

 

そしてもうひとつのタイトルのお話。気温差が激しい!
いきなりですが気温の上下が激しくて体調を崩されている方が多いです。
何となくだるいとか、偏頭痛や肩こり、持病の症状が強く出るなど
あるかもしれません。

今日は最高気温が19度。明日は8度下がって11度。
これでは疲れた身体はついていけません。

皆様、早めの治療をオススメします。加えてたっぷりの睡眠。
基本的なことですが、とても大事です。
師走の忙しい時期ですが、何とか時間を作ってお越しください。
ご来院、お待ち申し上げております。