大相撲 七月場所 2020

こんにちは。上野治療室からです。

大相撲が始まりました。通常よりの2週間遅れての場所開催です。
そして本来ですと名古屋での開催だったのが、両国国技館に変更となりました。

前回3月の無観客開催から様々な準備をした上で、観客を入れての本場所となっています。

普段はお客さんがいっぱいの筈の幕内土俵入りもご覧の通り。
距離を取って座っているため、何となく早い時間の相撲中継を見ているような
不思議な感覚。

 

大相撲七月場所観戦にあたっての注意事項
http://www.sumo.or.jp/Watching/guide/Jul/room/600/

相撲協会のHPには観戦にあたっての注意事項が記載されています。
升席はひと枡一人まで。歓声は禁止、拍手のみ。
チケットの販売や売店の実施、アルコール販売も制限があるそうです。

 

また、場所中に新型コロナの感染者が出ても、中止にはしないとの事。
これは新型コロナに感染した力士、または関係者に批判が集まらないようにする対策とのことです。

現在各地で、新型コロナウイルスに感染した方への批判、差別が多いそうです。
特に感染者の少ない地方ではその傾向が強く、引っ越しをしなくてはいけないなど
実害が出ているとの事。
大相撲がきっかけで、批判が少しでも無くなればと思っております。

 

熱戦も期待しますが、まずは無事で全場所終了しますように。
まずはそれを願っております。