枕は悪くない

以前患者さんからこんな質問をされた事があります。

「寝るときの枕はどんなものがよいのでしょうか…?」

お話を聞くと、色々な枕を買ってみたそうです。
高い枕や低い枕、柔らかいもの、固いもの。
使ってみたけど、どれもしっくり来るものがない。
昨日は良かったなと思っても、翌日は何だか気持ちよくない。
いつも寝心地が良くないので困っている、との事でした。

実は何度かこのような質問を聞いたことがあります。
結構悩んでいる方が多いみたいです。
どなたも共通しているのが、肩こり首のこりを訴えている事。

どうも肩こり等の症状が日によって違うので、枕が合わない時があるみたいなのです。
つまり枕は悪くなく、悪いのは患者さん自身の身体だった、という事ですね。
これではいくら枕を買い換えても、一向によくなりません。

とはいえ、
「身体が悪いとして、じゃあどうすればいいの?」

と思う方もいるかと思います。では、その対策方法です。

大判のタオルを用意しましょう。バスタオルなんかがいいかもしれません。
それを適当な高さに折りましょう。それを枕の代わりにするのです。

高さの目安としては、高めよりも低めの方が寝心地は良いと思います。
意外と低い枕は圧迫感が少なく、寝心地がよいです。

また腰痛等の持病があり、仰臥(あおむけ/上向き)で寝るのが困難な方もいらっしゃると思います。
そのような方はちょっと高めに。横向きに寝るようでしたら、頚部が真っ直ぐになる高さが目安となるでしょう。

寝てみてしっくりこないようでしたら、折り方を変えて高さを変えます。
高くしてみたり、低くしてみたりと調整して下さい。

もちろん、寝る前には腰回し運動、バラコンバンドを肩背部に巻いて
コリを緩める等のケアは忘れずに。これが一番大事かもしれません。寝心地が違います。

睡眠時に困っている方、試してみてはいかがでしょうか?