月刊 自然良能 2011年8月号

201108.jpg

特集
○血液循環障害の原理と考察
○東京総本部治療レポート 坐骨神経痛

自然良能会が毎月発行しております月刊誌『月刊 自然良能』が届きました。
8月号は巻頭特集として血液循環障害と人体のメカニズムについての記事が掲載されてます。

これは我々自然良能会が行っている「骨盤調整」というのがどのような治療なのか
コンパクトに分かりやすくまとめられたものです。
仙腸関節の歪み(ズレ)を正せば様々な症状が改善する、という事について説明されてます。
皆さんも是非読んで下さい。また骨盤調整というのはどんな治療なのか知りたい、と言う方にも
オススメの特集になってます。

東京総本部の治療レポートは坐骨神経痛についてです。
坐骨神経痛と椎間板ヘルニア、また慢性腰痛などは同じくひと括りで語られてしまいがちです。
手術をしてヘルニアを除去しても坐骨神経痛は取れないなどという話はよく聞きます。
これは痛みの発生原因がどこにあるのか、それが分かっていないから症状が改善しないのです。
仙腸関節の歪みがあればそれを取り、神経を圧迫している筋肉を緩めていけば痛みは
なくなります。

『月刊 自然良能』は、当治療院でも頒布しております。
バックナンバーもございますので、ご希望の方は来院の際に申し出て下さい。