月刊 自然良能 2015年5月号

201505
月刊自然良能 2015年5月号

○特集
慢性腰痛-山形支部調整治療報告
前立腺がんの原因と予防

自然良能会が毎月発行しております月刊誌『月刊 自然良能』が届きました。
5月号の巻頭特集は山形県山形支部の山口九兵衛先生からの治療レポートです

今回の患者さんは、長年家業の農家の仕事をしていて
腰痛になってしまったそうです。

またこの時期、当治療院にも田植えの後に腰が痛い、重いと言う方が
多く来院されます。
言うまでもなく農作業は重労働であり、兼業の方も少なくないようですから
慣れない作業から腰や背中を痛めてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな時にはバラコンバンドを巻いて作業する事をお薦めしております。

農作業だけでなく、庭先の草むしりも同じです。
意外と長時間の作業になってしまい、気づいたら腰が伸びない、という方が
いらっしゃいます。くれぐれも無理をされないようにして下さい。

もう一つ特集として、大井中央病院院長であり、自然良能会の顧問医でもある
前田武昭先生の健康の話が掲載されております。
今回は前立腺がんの話です。解剖学的な話から、検査の数値までかなり詳しく
載っております。是非ご覧下さい。

『月刊 自然良能』は、当治療院でも頒布しております。
バックナンバーもございますので、ご希望の方は来院の際に申し出て下さい。