月刊 自然良能  2014年8月号

201408.jpg

月刊自然良能 2014年8月号
○特集
乳癌手術後に骨盤調整を
東京総本部治療レポート
椎間板ヘルニア

自然良能会が毎月発行しております月刊誌『月刊 自然良能』が届きました。
8月号は茨城県水戸支部の新田篤利先生からの治療レポートです

今回の患者さんは、乳房部分切除に加えてリンパ節の切除を行い
放射線治療及び抗がん剤治療を行っているそうです。

副作用による痛みや各所の不調だけでなく、
精神的にもかなりの負担がありそのような心身的なケアを
骨盤調整で支えていってるそうです。

骨盤調整には骨格の歪みを正し、筋肉を緩める作用だけでなく
全身の血液の流れを良くして、循環を改善する作用もあります。

全身的な症状、また慢性的な症状が治っていくのも
この血流の循環が改善していく事が大きいと思っています

巻頭の東京総本部治療レポートは椎間板ヘルニアについてです。
こちらも併せてお読み下さい。

『月刊 自然良能』は、当治療院でも頒布しております。
バックナンバーもございますので、ご希望の方は来院の際に申し出て下さい。