風疹の追加的対策にシティーハンター

こんにちは。上野治療室からです。

 

風疹の流行が続いております。
2019年に入っての患者数が280人。(1/30現在)
これは2017年1年間の総患者数(93人)よりも多い数字です。

現在は首都圏及び九州、特に佐賀県で多く患者が発生しているようです。

この風疹の流行に環境省が追加的対策を打ち出しました。
1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性に対して
抗体検査及び予防接種が原則無料で受けられるようにする、といったものです。

 

今回この告知に劇場版シティーハンターとコラボしたポスターが作成されました。


©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

 

 

シティーハンターと言えば、まさに僕の世代が週刊誌連載で読んでいた漫画です。
劇場版が作られたタイミングですし、ちょうどいいところに目をつけたなあ、と
思わず感心してしまいました。

抗体検査及び予防接種に関しては、市区町村によって実施の開始時期等が異なるので
直接問い合わせてみるのが確実です。

予防接種を打っていない方、また子供の頃に一度しか打っていないと言う方。
免疫が切れている可能性があります。まずは検査をしてみましょう。

環境省のHPリンクに関してはこちらになります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03480.html