お花見腰痛に気をつけて!!

こんにちは!春ですね!!
月曜日から少しずつ暖かくなってきました。

なかなか開かなかったさくらの花もようやく少しずつ咲いてきました。

(写真は先週金曜日の上野公園です)
何とか入学式にも間に合いそうですね。

さて、さくらの花と言えばお花見です。
毎年ひとりふたり「お花見腰痛」の方がいらっしゃいます。

お花見のあと、腰痛にならないように「冷え」と「姿勢」には
気をつけましょう

◯「冷え」に気をつける
花見で圧倒的に多いのは、地面にブルーシートを敷いて
直接座るスタイルです。
そのまま座っていると、すぐに腰が冷えてきます。
出来れば座布団などを持ち込んで、腰から冷えないようにしたいものです

自分だけ座布団を持ち込むのは気が引ける、というようでしたら
段ボールや雑誌、ひざ掛けや自分の上着などを下に敷くのもいいでしょう

また、同時に使い捨てカイロを腰に貼るなどして冷え対策を万全にしましょう
夜だけでなく、昼間でも意外と地面から冷えてきます。

◯「姿勢」に気をつける
地面に同じ姿勢で長時間座っていると、意外と腰に負担がかかります
出来れば背中を伸ばして座る、トイレに立つなどしましょう。

あぐらをかくと股関節付近の筋肉が硬直して翌日痛くなることがあります
片膝を立てて座ったり、正座に変えてみたりと、楽な姿勢がないか
探してみましょう。

また、肩を少し回したりして、背中から肩にかけて動かすのもいいと思います
当院で販売しているバラコンバンドを使用するのもオススメです。

春先は気温の寒暖差もあり、ぎっくり腰を起こしやすい季節です
あまり疲れを溜めないようにして、腰の調子が悪いようでしたら
無理をしないのが一番です。

一年に一度しかない、素敵なお花見のシーズンです。
腰と呑み過ぎには気をつけて、楽しみましょう!!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena