マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎が流行の兆しを見せているそうです。

virus_seki

マイコプラズマは微生物の一種で
からだの中に入ると気管や肺などで増殖をします。
潜伏期間が2-3週間と比較的長く、(インフルエンザが2日ほど)
痰や唾液などで飛沫感染します。

5-9歳が感染のピークとなっており、名前の通り肺炎を起こす恐れがあります。
年齢が上がり免疫が強いほど肺炎になりやすいそうです。

症状としては咳と喉の痛み、しつこい熱があります。
病院で血液検査を受ければ感染しているか確認出来るそうなので

doctor_xray_rentogen

風邪のような症状が長続きするようでしたら
無理をせずに病院で診断を受けましょう。