電車で座るのが苦手

こんにちは。

先日来た患者さんから
「私、電車の椅子が苦手なんです」という相談を受けました。

すると、その時たまたまいた別の患者さんも
「私も苦手なんです。わかります」と仰ってまして、
苦手な人は意外と多いんだな、と感じました。

という事で
上野まで電車に乗っている時にJR常磐線のロングシートを観察してみたのですが
最近の椅子は腰の辺りが出っ張っているんですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-13-49-32

きっと現在走っている車両が導入されてから
ずっとこのような仕様なのでしょう。
ただ、個人的には座り心地がよくなったなあと思うくらいで
細かいことは気にしてませんでした。

相談された方によると、この出っ張る部分が腰に当って痛い
という事らしいのです。
確かに日頃から慢性的に腰痛があり、腰椎付近の筋肉が緊張していると
ちょうど圧迫されるような形になり痛みが出るかもしれません。

また、もう一人の方は身長が低く、座ると床に足がつかないので
座りにくい、というお話をされていました。

なるほど。それも考えてもみませんでした。
座らず立っていればいいのかもしれませんが、
通勤通学は毎日の事です。
特に取手駅からですと始発の車両があるので、出来ることならば
座って快適に通いたいですよね。(僕も毎日座って上野まで通ってます)

という事で、自分で電車に乗りながら色々試してみましたが、
電車の椅子に座っていると腰が痛い方は
腰を浅めに座席に座り、しっかり両足がつくようにするといいようです。

その時に少しでいいので、足に力を入れて
床に踏ん張るようにして座るとからだも安定します。

自分でしっかりと背筋を伸ばして座ると、腰椎が当たらないので
比較的に楽に座れます。

先の相談された方も実践しているそうですが、
今までだと松戸辺りで背中から腰にかけて痛くなっていたのが、
上野まで乗っても平気になった、と仰ってました。

電車の椅子と相性がよくない方は、一度座り方を見直してみましょう。
快適な通勤通学を!