【レシピ】夏の栄養!トマトと玉子入りワンタンスープ

国家資格取得 ひとのからだを隅々まで知り尽くした
現役の指圧師が作る 元気の出る料理レシピ!

こんにちは。いよいよ8月!夏本番!
皆さんちゃんと朝食は食べてますか?

朝は胃が受け付けない…
作っている時間がなくて…

など、色々な意見を聞きます。
そこで!今日は代表的な夏野菜であるトマトを使った
忙しい朝にも簡単に作れる、栄養たっぷりのメニューを
紹介したいと思います。

【トマトと玉子のワンタンスープ】
材料
ワンタンスープの素(市販品) 1つ
トマト 1つ
玉子 1こ
ねぎ 半分~1本

では早速作り方です

トマトは8等分だと少し大きいので、12等分してあります
(4つ切りにして3つに切る)
食べる時に熱いのが好きなので大きめですが、
猫舌の人はもう少し小さく切ってもいいかもしれません。

鍋に規定量の水を入れ、トマトを水から煮ていきます

トマトは加熱することで、リコピンやβカロテンの吸収率が上がります。
また、グルタミン酸の効果でより美味しく!なります。

その間にネギも切っておきましょう。

トマトを入れた鍋がふつふつとして来たら、ワンタンを入れる合図です

トマトは煮すぎるとグズグズになってしまい、あまり美味しくないです
時短のつもりでサッとワンタンを入れてしまいましょう。

今回はインスタントのワンタンを使いました。
チルド品でもいいと思いますし、
インスタントラーメンでもいいと思います。
中華風の味付けと温まったトマトは意外と相性がよいです
何でも試してみましょう。
美味しいものがあったら是非!!教えてください!!

玉子は塩を少し入れて溶いておきます
少し味をつけておくと、溶き卵を入れた時に全体的な味がボケません

ワンタンが柔らかくなったら、火を少し強くして溶き玉子を流し入れます。

玉子はトマトの酸味を和らげ、全体の味をまとめてくれます。
また、タンパク質が含まれていますので、忙しい朝の栄養補給にはピッタリ。

玉子に火が通ったら火を止めて味をつけます

器にスープをよそい、先程刻んでおいたネギを盛り付け
ごま油を少々かけます

これで出来上がりです!!
簡単ですがサッパリした味付けで食も進みますし
栄養も摂れます。
忙しい朝こそ手軽なインスタント食品に材料を足して
栄養に偏りが出ないようにしたいものです

また、朝から温かいものを食べると体温も上がります。
特にこの時期冷房でからだが冷えてしまっている方には
せめて一食くらいは温かいものを食べてもらいたいです。

朝食をしっかり食べて、元気な一日を!!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena