【レシピ】舌平目のムニエル

国家資格取得 ひとのからだを隅々まで知り尽くした
現役の指圧師が作る 元気の出る料理レシピ!

 

こんにちは。
「先生、最近お料理ブログUPしてませんね?」とご意見頂きました。

ドキリ。実はそうなんです。
少し忙しいのと、ご飯は食べているんですが
これという料理をなかなか作っていなかったもので。

久しぶりにブログ向けな食材を購入しました

舌平目です。
吉池で半額になっていました。

魚料理というとついお店に処理をお願いしてしまい
自分ではあまりやった事ないので、少しずつでもやってみようと
前から思っていたのですが、手始めに舌平目から。

因みにムニエルにするにはどうすればいいんですか?と
店員さんに聞いてみたところ
「鱗を取って皮を剥ぐんだよ」と教えて貰いました。

な、なるほど。やったことないけど少しハードルが高そうな。。
とばかり言っていても仕方ないので、チャレンジしてみます。

よく見るとつぶらな瞳があって、なかなか愛嬌のある顔をしています。
まずは包丁で表面をゴリゴリやって、鱗を落としてます。

ゴリゴリ…ゴリゴリ…

意外と固いのと、鱗がしっかりついていました

上が鱗を落としたもの、下がまだ未処理のものです
少し色が違うのがわかると思います。

ここまでやれば要領はわかりましたので、
もう一匹も処理をしてしまいます。

続いて、頭を落として皮を剥いていきます。
包丁を使いながらなので写真はありませんが
裏返しにして皮が残るように頭を落とし、
頭を持って皮を引っ張ると、綺麗に皮が剥けます

こんな感じで。

綺麗に剥けました。
皮は意外と固いですが身がくっついて来ることはなさそうなので
ある程度勢いをつけて引っ張っても大丈夫そうです

同じように裏側の皮も剥いていきます
手が滑るので、塩を使ったりキッチンペーパーを使って何とか剥けました。

これで下処理はほぼ終了です。
内臓も簡単に取れましたし、やってしまえば意外と簡単でした。

日本酒をかけて少し置いておきます

冷蔵庫に少し置いたのち、表面を拭いて塩コショウをして
小麦粉を全体に振ります。

あとはフライパンを熱してバターを溶かして焼いていきます
両面に焼き目がつけば完成です

出来ました!!完成です!!

しっとりとした白身で骨も少なく、大変食べやすい!
これは美味しい。いいなあ

舌平目は夏が旬だそうです
折角なので色々な魚を捌いて食べてみたいなあ、と思っております

舌平目は内臓も取りやすく、意外と捌きやすい魚でした。
また食べたい!

【舌平目のムニエル】
材料
舌平目 2匹
塩   適量
胡椒  適量
小麦粉 適量

バター 適量

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena