【レシピ】取手の銘柄豚!バナナポークの豚バラ軟骨トロトロ煮込み!

国家資格取得 ひとのからだを隅々まで知り尽くした
現役の指圧師が作る 元気の出る料理レシピ!

こんにちは!今日は取手のお話です。
先日、仕事前に取手治療室から車で5分程度のこちらへ行ってきました。

NCS日本畜産振興の取手食肉センター直売所です。
こちらでは看板にも書いてあるように
バナナポークという銘柄豚を取り扱っているそうです。

バナナポークとは、千葉、茨城で生産されている豚で
出荷の60日前になると、飼料に乾燥させたバナナを混ぜて与える事で
豚独特の獣臭さが非常に少なく
脂肪分に甘さが増した肉質が特徴の豚肉です。

ずっと前から直売所の存在は知っていたのですが
土曜日は治療があるので、時間的に厳しい…!!
それでも行ってみたい…。

そう思って一念発起。ついに行って来ました。

食肉センターで加工されて、直送された新鮮な豚肉が売ってました!
通常の部位もあったのですが、珍しいバラ肉の軟骨部分が安かったので
今回はこちらを買ってみました。

【材料】
豚バラ軟骨 1600g
水 適量
生姜 ひとかけ

軟骨の周りに肉がついてるものが合計3本入ってます
全部で800g程度あります。今回は2パック、1600g強あります。

まずはひと口大に切って下茹でをします。
軟骨は固いですが、包丁で切れない事はないです
グッと押せばサクッと切れます。

圧力鍋に水を張って生姜をひとかけ入れます

ピンが上がったら60分加熱。
終わったら火を止めて、このまま冷ましておきます
(仕事に行きます)

仕事から戻りました。
お湯から出た部分が少し乾いて変色してしまいましたが、
まあいいでしょう。

茹で汁はお肉のダシと軟骨からコラーゲン成分がたっぷり出てますので
取っておきます。
軟骨部分が膨らんでプルプルになっているのが分かるかと思います

鍋に改めて水を張り、
【調味料】
日本酒
みりん
醤油
を同量(おたま2杯程度)
砂糖 大さじ3
オイスターソース 大さじ1

を加えます。
オイスターソースでコクをプラスするのが味のポイントです。

圧力鍋でピンが上がったら15分加熱します
火を止めて味が染みたら出来上がりです!!

完成!!
一度冷ましたものにゆで卵を追加しました。
おつゆもトロトロで美味しいので一緒によそい、刻みネギを追加しました。

気になる味は…
とても美味しい!!
軟骨部分がトロトロなんです!!
豚の脂身に近い食感なのですが
脂っこくはなくあくまでトロトロプルプル!
味もしっかり染みてて最高です!

また、バナナポークだからでしょうか?
軟骨部分ですが臭みや脂のしつこい感じもなく、お肉の部分も
味が濃くて美味しい!!

ちょっとお行儀悪いですが、ごはんにかけて食べてしまいました。
大変美味しかったです!

1600g近く煮たので、まだたっぷり食べられます。ああ嬉しい!

 

バラ軟骨、ちょっとハマってしまいました。
今度の土曜日も頑張って買いに行きたい!!

他のお肉も食べてみたくなりました。
バナナポーク、見かけたら是非買ってみて下さい!
取手近くにお住まいの方は土曜日の午前中です!!是非とも!